ADVERTISEMENT

Disc Review

Disc Review

MTV Unplugged Live in Melbourne / Courtney Barnett (Milk! Records)

2019/12/13    , ,

MTVアンプラグド・ライヴ・イン・メルボルン/コートニー・バーネット このアルバム・タイトル眺めながら、どうしても二重映しにしてしまうのはやはりニルヴァーナが1994年にリリースした傑作『MTVアンプ ...

Disc Review

A Jazz Celebration of the Allman Brothers Band / Big Band of Brothers (New West)

2019/12/12    ,

ア・ジャズ・セレブレーション・オヴ・ジ・オールマン・ブラザーズ・バンド/ビッグ・バンド・オヴ・ブラザーズ 活動歴が長いバンド、あるいはメンバーチェンジが激しかったバンドの話で誰かと盛り上がろうとする際 ...

Disc Review

Renaissance / Wyatt Michael (Wyatt Michael)

2019/12/11    , ,

ルネッサンス/ワイアット・マイケル デヴィッド・マンというソングライターがいて。グレイト・アメリカン・ソングブック的な音楽に興味のある方ならばご存じかと思う。 1945年にヴォーン・モンローがヒットさ ...

Disc Review

Looking for the Sun / Curt Boettcher & Friends (High Moon Records)

ルッキング・フォー・ザ・サン/カート・ベッチャー&フレンズ ブライアン・ウィルソンさえもがその才能に驚嘆したという奇才、カート・ベッチャー。ハーモニーの魔術師みたいな感じで評価されている感じも ...

Disc Review

The Blackest Crow / Anna Nalick (Chesky Records)

2019/12/9    , , , ,

ザ・ブラッケスト・クロウ/アンナ・ナリック この人が「ブリーズ(2AM)」をヒットさせたのが2004年。もう15年も前になるのか。いやいや、月日の経つのは早い。ロサンゼルス出身の女性シンガー・ソングラ ...

Disc Review

Who / The Who (Polydor/Universal)

2019/12/6    

フー/ザ・フー このアルバムを紹介する際、誰もがオープニング・チューンの歌詞1行目に記されたシニカルなフレーズをまず引用するはずだ。 “気にしないよ。わかってる。君はこんな曲、嫌いだろ…” ザ・フーが ...

Disc Review

Voices / Jeffrey Foskett (BMG)

2019/12/5    , ,

ヴォイシズ/ジェフリー・フォスケット 数週間前、米ビルボードのサイトを見て驚いた。ジェフリー・フォスケットが現在、未分化甲状腺がんに冒され闘病中だという。ステージ4だとか。 ジェフリーと言えば、198 ...

Disc Review

Cosmic Partners: The McCabe’s Tapes / Michael Nesmith with Red Rhodes (7a Records)

2019/12/4    ,

コズミック・パートナー〜ザ・マッケイブズ・テープス/マイケル・ネスミス 確か1971年、TBSラジオの音楽番組でのことだ。ぼくがまだ高校生だった時代。DJをつとめていたのは尊敬する音楽評論家の大先輩、 ...

Disc Review

If You’re Going to the City: A Tribute to Mose Allison / Various Artists (Fat Possum Records)

2019/12/3    ,

イフ・ユーアー・ゴーイング・トゥ・ザ・シティ〜ア・トリビュート・トゥ・モーズ・アリソン/タジ・マハール、エルヴィス・コステロ、ジャクソン・ブラウン、フィオナ・アップル、クリッシー・ハインド、イギー・ポ ...

Disc Review

Thanks for the Dance / Leonard Cohen (Columbia/Legacy)

2019/12/2    ,

サンクス・フォー・ザ・ダンス/レナード・コーエン レナード・コーエンが82歳で亡くなったのは3年前、2016年11月。新作アルバム『ユー・ウォント・イット・ダーカー』を発表してほんの数週間後のことだっ ...

Disc Review

1999 (Super Deluxe Edition) / Prince (Warner)

2019/11/29    , , ,

1999:スーパー・デラックス・エディション/プリンス 『パープル・レイン』の大爆発ひとつ手前、プリンスというとてつもない才能の黄金時代到来を告げた傑作が『1999』。ローリング・ストーンズのオープニ ...

Disc Review

Come On Up to the House: Women Sing Waits / Various Artists (Dualtone Music)

2019/11/28    , , , ,

カム・オン・アップ・トゥ・ザ・ハウス〜ウィメン・シング・ウェイツ/エイミー・マン、シェルビー・リン、アリソン・ムーラー、コリーヌ・ベイリー・レイ、パティ・グリフィン、ロザンヌ・キャッシュ、キャット・エ ...

Disc Review

The Soft Parade (50th Anniversary Deluxe Edition) / The Doors (Rhino/Elektra)

2019/11/27    

ソフト・パレード(50周年デラックス・エディション)/ザ・ドアーズ ここ数日、わりと朝から忙しくて。ありがたいことですが。おかげでブログ更新の時間があまり取れず。なので、またまた続けざまではありますが ...

Disc Review

Back-In Living Stereo (The Essential 1960-62 Masters - Rare Outtakes & Home Recordings) / Elvis Presley (Memphis Recording Service)

2019/11/26    , , ,

バック・イン・リヴィング・ステレオ(エッセンシャル1960〜62マスターズ)/エルヴィス・プレスリー エルヴィス・プレスリーは1950年代こそ最高! というのが、いまだロック・シーンでの一般的な意見な ...

Disc Review

Losst and Founnd / Harry Nilsson (Omnivore Recordings)

2019/11/25    , ,

ロスト・アンド・ファウンド/ハリー・ニルソン ハリー・ニルソンが亡くなったのが1994年1月15日。あれから、もう25年になる。その前年、1993年のヴァレンタイン・デイに彼を襲った心臓発作が完全に回 ...

Disc Review

Songs for Groovy Children: The Fillmore East Concerts / Jimi Hendrix (Legacy Recordings/Sony)

2019/11/22    , ,

バンド・オブ・ジプシーズ:コンプリート・フィルモア・イースト/ジミ・ヘンドリックス もしタイムマシーンがあったらぜひ体験してみたいロック・ヒストリーに残る名コンサートというと——。ビートルズの1964 ...

Disc Review

Mad Lad: A Live Tribute to Chuck Berry / Ronnie Wood with His Wild Five (BMG)

2019/11/21    

マッド・ラッド〜ア・ライヴ・トリビュート・トゥ・チャック・ベリー/ロニー・ウッド・ウィズ・ヒズ・ワイルド・ファイヴ ロックンロールの黎明期、完全に他を圧倒した二大アーティストといえば、エルヴィス・プレ ...

Disc Review

Conversation Piece / David Bowie (Parlophone)

2019/11/20    , ,

カンヴァセーション・ピース/デヴィッド・ボウイ 1973年。ぼくが高校3年生だった春のこと。デヴィッド・ボウイの初来日公演があった。今も鮮烈に記憶している。確か豪華客船で来たんだっけ。飛行機は嫌いだと ...

Disc Review

Higher Ground / Jon Regen (Ropeadope)

2019/11/19    , ,

ハイアー・グラウンド/ジョン・リーゲン ニュージャージー出身のシンガー・ソングライター、ジョン・リーゲンの新作。確か9月だったか10月だったかに出ていたにもかかわらず、その時期ついつい紹介しそびれてい ...

Disc Review

The Band (50th Anniversary Super Deluxe Edition) / The Band (Capitol/Universal Music)

ザ・バンド(50周年記念スーパー・デラックス・エディション)/ザ・バンド 最近、純粋な新作の紹介をあまりしていない気が…(笑)。 年末に向けて、とにかく今年のうちに出しておかないと格好が付かない50周 ...

© 2020 Kenta Hagiwara