ADVERTISEMENT

Funk

Disc Review

The Power of the One / Bootsy Collins (Bootzilla Records/Sweetwater Sounds)

2020/11/17    ,

ザ・パワー・オヴ・ザ・ワン/ブーツィ・コリンズ あのプリンスだって、面と向かってのタイマンだったら、この男には絶対かなわない。ブーツィ・コリンズ。 今さら説明の必要もないだろうけど。ジェイムス・ブラウ ...

Blog

The fingerstyle funk bass master Rocco Prestia dies aged 69

2020/10/2    ,

追悼:ロッコ・プレスティア ぼくが高校生とか、大学生とかだった、そんな時代。1970年代。ラリー・グレアムとか、ルイス・ジョンソンとか、そういうちょっと派手めなスター・ベーシストたちが、当時まだ珍しか ...

Disc Review

Anything You Want: The Warner-Reprise-Elektra Years 1975-1999 / David Sanborn (SoulMusic Records/Cherry Red)

2020/9/1    , , , , ,

エニシング・ユー・ウォント:ザ・ワーナー〜リプリーズ〜エレクトラ・イヤーズ 1975-1999/デヴィッド・サンボーン ぼくがデヴィッド・サンボーンという名前を本格的に意識したのはいつだったか…。 も ...

Disc Review

Anthology (5CD Box) / Average White Band (Edsel)

2020/7/29    , ,

アンソロジー/アヴェレイジ・ホワイト・バンド ぼくが大学生だったころ、1970年代の半ば、タワー・オヴ・パワーとかグレアム・セントラル・ステーションとかコールド・ブラッドとかクラッキンとか、米ベイエリ ...

Disc Review

Let’s Talk / Ray Alexander Technique (Now Again Records)

2020/7/2    ,

レッツ・トーク/レイ・アレクサンダー・テクニーク なんかすごい再発。インディペンデント系のハーレム・サウンドというローカル・レーベルから1974年に出ていた1枚で。はっきり言ってB級ソウルというか、B ...

Disc Review

Up All Nite with Prince: The One Nite Alone Collection / Prince (Legacy/Sony)

2020/6/11    , , ,

アップ・オール・ナイト・ウィズ・プリンス/プリンス プリンスという人には、過去何度も、あー、やっぱこの人すげえや、と、改めて思い知らされた瞬間というのがあって。 いや、もう、とてつもなくすごいことは最 ...

Disc Review

Stand Up for Love / The Haggis Horns (Haggis Records)

2020/5/27    , , , , ,

スタンド・アップ・フォー・ラヴ/ザ・ハギス・ホーンズ 今週に入って、みなさん、いよいよ動き出しているようで。ぼくのようなぐうたら者ですら、今朝は久々に午前中から予定が入っていて。世の中、少しずつ新たな ...

Disc Review

Stay High/You and Your Folks, Me and My Folks / Brittany Howard (Spotify Singles series, Sony)

2020/4/16    , ,

ステイ・ハイ/ユー・アンド・ユア・フォークス、ミー・アンド・マイ・フォークス/ブリタニー・ハワード 今朝はちょっとバッタバタなので、ものすごく雑な更新で(笑)。 アラバマ・シェイクスのリード・ヴォーカ ...

Disc Review

Gettin’ Funkier All the Time: The Complete Josie/Reprise & Warner Recordings 1968-1977 / The Meters (Cherry Red)

2020/4/9    , , ,

ゲッティン・ファンキアー・オール・ザ・タイム〜ザ・コンプリート・ジョシー/リプリーズ&ワーナー・レコーディングズ 1968〜1977/ザ・ミーターズ このところ何かと面白い再発盤を立て続けに編んでいる ...

Disc Review

Step Up / Tower of Power (Mack Avenue Records/Artistry Music)

2020/3/23    , , ,

ステップ・アップ/タワー・オヴ・パワー 以前、メンバーチェンジが多いバンドのややこしさみたいなことについて書いたことがあった。ドゥービー・ブラザーズ、フリートウッド・マック、オールマン・ブラザーズ・バ ...

Disc Review

The Juice / G. Love & Special Sauce (Philadelphonic)

2020/1/23    , , , ,

ザ・ジュース/G.ラヴ&スペシャル・ソース 初めてこの人のアルバムを聞いたときのショックは忘れられない。 1994年のことだ。ある時期、旧譜音源の再発だけで細々と生きながらえていたブルース/R&amp ...

Disc Review

Live Evil: SA-CD Multi-Hybrid Edition / Miles Davis (Sony)

2020/1/22    ,

ライヴ・イヴル〜SA-CDマルチ・ハイブリッド・エディション〜/マイルス・デイヴィス ぼくがマイルス・デイヴィスのコンサートを初めて見たのは1975年。1970年代、2度目の来日のときだ。もちろん、い ...

Disc Review

1999 (Super Deluxe Edition) / Prince (Warner)

2019/11/29    , , ,

1999:スーパー・デラックス・エディション/プリンス 『パープル・レイン』の大爆発ひとつ手前、プリンスというとてつもない才能の黄金時代到来を告げた傑作が『1999』。ローリング・ストーンズのオープニ ...

Disc Review

Mississippi BarBQ / Zac Harmon (Catfood Records)

2019/7/25    , ,

ミシシッピー・バーベキュー/ザック・ハーモン 1970年代末、18歳のころにZ.Z.ヒルやドロシー・ムーアのバックでギターを弾くようになったのをきっかけに売れっ子セッション・ミュージシャン〜ソングライ ...

Woodstock50-10

Disc Review

Woodstock 50 - Back to the Garden: 50th Anniversary Experience (10CD) / Various Artists (Rhino)

2019/7/2    , , , ,

ウッドストック50周年記念スペシャル・ボックス/ジミ・ヘンドリックス、サンタナ、スライ&ザ・ファミリー・ストーン、ジャニス・ジョプリン、CSNY、リッチー・ヘイヴンズ、ザ・バンド、ザ・フー、CCRほか ...

POriginals

Disc Review

Originals / Prince (NPG/Warner Bros.)

2019/6/24    , ,

オリジナルズ/プリンス プリンスの没後に編まれた未発表録音集第2弾が登場した。 去年リリースされた第1弾『ピアノ&ア・マイクロフォン1983』は、その名の通り、1983年、自宅スタジオでカセットに録音 ...

JazzFest

Disc Review

Jazz Fest: The New Orleans Jazz & Heritage Festival / Various Artists (Smithsonian Folkways)

ジャズ・フェスト〜ザ・ニューオーリンズ・ジャズ&ヘリテイジ・フェスティヴァル/ネヴィル・ブラザーズ、トロンボーン・ショーティ、アラン・トゥーサン、プロフェッサー・ロングヘア、ドクター・ジョンほか ご存 ...

DTBSonlines

Disc Review

Songlines / The Derek Trucks Band (2019 CD+DVD Edition) (Sony)

2019/6/5    , , , , ,

ソングラインズ/デレク・トラックス・バンド(CD+DVD) 今日は珍しく朝早くから仕事が入っているので、その前に、ちょっと軽めの更新。 新作アルバム『サインズ』を引っさげて、間もなく3年ぶりに来日する ...

Disc Review

American Love Call / Durand Jones & The Indications (Dead Oceans)

2019/3/5    , ,

アメリカン・ラヴ・コール/ドゥラン・ジョーンズ&ジ・インディケーションズ これまた、最高! 70年代ソウルのあれこれ、アイズレー・ブラザーズ、ギル・スコット・ヘロン、カーティス・メイフィールド、マーヴ ...

Disc Review

This Land / Gary Clark Jr. (Warner Bros.)

2019/3/1    , , ,

ジス・ランド/ゲイリー・クラーク・ジュニア ゲイリー・クラーク・ジュニア。この人が2011年にEP『ブライト・ライツ』でメジャー・デビューを果たしたとき、ブルースの未来を担う渋い若者なのかなと思って。 ...

© 2020 Kenta Hagiwara