ADVERTISEMENT

R&B

Disc Review

Déjà Vu: The Arista Recordings (1979-1994), 12CD Boxset / Dionne Warwick (SoulMusic Records)

2020/6/30    , , ,

デジャ・ヴ:ジ・アリスタ・レコーディングズ (1979-1994) /ディオンヌ・ワーウィック ディオンヌ・ワーウィックというと、やはり1963年から1971年まで在籍していたセプター・レコード時代の ...

Disc Review

You Can’t Sit Down: Cameo Parkway Dance Crazes 1958-1964 + 
You Got the Power: Cameo Parkway Northern Soul 1964-1967 + 
Dancin’ Party: The Chubby Checker Collection: 1960-1966 
(ABKCO)

2020/6/26    , , , ,

ユー・キャント・シット・ダウン:カメオ/パークウェイ・ダンス・クレイジズ1958-1964 他2作 ツイスト。ご存じ、腰をスピーディにひねる例のオールディーズ・ダンスのことだけれど。1960年代前半か ...

Disc Review

The Jazz Funk Collection / Donald Byrd & The Blackbyrds (Cherry Red)

2020/6/18    ,

ザ・ジャズ・ファンク・コレクション/ドナルド・バード&ザ・ブラックバーズ ぼくはドナルド・バードというトランペッターがかなり好きで。もちろん、アート・ブレイキーをはじめとする大御所たちの下、張りのある ...

Disc Review

Can't Nobody Stop Me Now / Gerald McClendon (Delta Roots Records)

2020/6/17    , ,

キャント・ノーバディ・ストップ・ミー・ナウ/ジェラルド・マクレンドン “ジャケ買い”ってやつを、よくやったものだ。1970年代から80年代にかけての話。楽しいから、というわけでもなく。そうするしかなか ...

Disc Review

Stand Up for Love / The Haggis Horns (Haggis Records)

2020/5/27    , , , , ,

スタンド・アップ・フォー・ラヴ/ザ・ハギス・ホーンズ 今週に入って、みなさん、いよいよ動き出しているようで。ぼくのようなぐうたら者ですら、今朝は久々に午前中から予定が入っていて。世の中、少しずつ新たな ...

Disc Review

Live at the Forum / The Teskey Brothers (Glassnote Music)

ライヴ・アット・ザ・フォーラム/ザ・テスキー・ブラザーズ 去年の夏、セカンド・アルバム『ラン・ホーム・スロウ』が出たときも大騒ぎさせてもらったテスキー・ブラザーズ。ジョシュ(ヴォーカル&ギター)とサム ...

Blog

RIP Little Richard, One of the True Creators of Rock and Roll…

2020/5/11    ,

追悼:リトル・リチャード ロックンロールなんてくだらない。無意味でやかましい、ガキのたわごとだ。 と、ロックンロール創世記、“良識ある”大人たちは、主にその直情的でシンプルな歌詞をあげつらい非難した。 ...

Disc Review

Introspection / Brian Auger (Sunset Blvd. Records)

2020/4/30    , , ,

イントロスペクション/ブライアン・オーガー “オブリヴィオン=忘却”という英単語を覚えたのはこの人のおかげです。 ブライアン・オーガー。イギリスのソウル・ジャズ系キーボード奏者。ぼくがこの人の音を初め ...

Disc Review

Fine / Lenny Williams (Bridle Ridge Records)

2020/4/20    ,

ファイン/レニー・ウィリアムズ 日本時間だと昨日、日曜日の朝9時からライヴ配信された『One World: Together at Home』。Twitterでもつぶやかせてもらったけど、音楽家だけで ...

Disc Review

Easy To Buy, Hard To Sell / Joe Bonamassa & the Sleep Eazys (J&R Adventures)

イージー・トゥ・バイ、ハード・トゥ・セル/ジョー・ボナマッサ&ザ・スリープ・イージーズ ブルース・ロックを基調に多彩な音楽性へと積極的なアプローチを仕掛けまくるごきげんなギタリスト、ジョー・ボナマッサ ...

Disc Review

Gettin’ Funkier All the Time: The Complete Josie/Reprise & Warner Recordings 1968-1977 / The Meters (Cherry Red)

2020/4/9    , , ,

ゲッティン・ファンキアー・オール・ザ・タイム〜ザ・コンプリート・ジョシー/リプリーズ&ワーナー・レコーディングズ 1968〜1977/ザ・ミーターズ このところ何かと面白い再発盤を立て続けに編んでいる ...

Disc Review

Some of These Days / Lara Downes & Friends (Flipside Music)

サム・オヴ・ジーズ・デイズ/ララ・ダウンズ まあ、あえて分ければクラシックの分野に属することになるのだろうけれど。ビリー・ホリデイのレパートリー集とか、レナード・バーンスタイン絡みの楽曲集とか、エリン ...

Disc Review

Step Up / Tower of Power (Mack Avenue Records/Artistry Music)

2020/3/23    , , ,

ステップ・アップ/タワー・オヴ・パワー 以前、メンバーチェンジが多いバンドのややこしさみたいなことについて書いたことがあった。ドゥービー・ブラザーズ、フリートウッド・マック、オールマン・ブラザーズ・バ ...

Disc Review

In a Roomful of Blues / Roomful of Blues (Alligator)

2020/3/18    , , , ,

イン・ア・ルームフル・オヴ・ブルース/ルームフル・オヴ・ブルース ちょっと前まで、よく近田春夫さんとお仕事でご一緒する機会が多くて。そういうときは、いつも空き時間にあれこれお話を聞かせていただいた。な ...

Disc Review

Sam Doores / Sam Doores (New West Records)

2020/3/17    , , , , , ,

サム・ドアーズ/サム・ドアーズ ハレイ・フォー・ザ・リフ・ラフやデズロンズなど、ニューオーリンズ系バンドでの活動でおなじみ、サム・ドアーズのファースト・ソロ・アルバムだ。 デズロンズともども、放ってお ...

© 2020 Kenta Hagiwara