ADVERTISEMENT

Folk Rock

Disc Review

All the Falling Angels: Solo Recordings & Collaborations 1965-1976 / Keith Relf (Repertoire Records)

オール・ザ・フォーリング・エンジェルズ:ソロ・レコーディング&コラボレーションズ 1965〜1976/キース・レルフ ヤードバーズというと、やっぱりエリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジ ...

Disc Review

Beautiful & Strange / Chelsea Williams (Blue Élan Records)

ビューティフル&ストレンジ/チェルシー・ウィリアムス オハイオ生まれ、ロサンゼルス育ちのシンガー・ソングライター。2017年のアルバム『ブーメラン』に続く、ロサンゼルスのインディー・レーベル“ブルー・ ...

Disc Review

The New Mine / Matthews Southern Comfort (MIG)

2020/4/2    ,

ザ・ニュー・マイン/マシューズ・サザン・コンフォート イアン・マシューズという人は、良く言えば柔軟に、飄々と、悪く言えば落ち着きなく、バタバタと(笑)、様々なバンドの一員として、あるいはソロで、形態を ...

Disc Review

American Standard / James Taylor (Fantasy/Concord)

アメリカン・スタンダード/ジェイムス・テイラー 今から50年前。まだ新人アーティストだった若きジェイムス・テイラーのアルバム『スウィート・ベイビー・ジェイムス』を初めて聞いたときのショックは忘れられな ...

Blog

Various Informations (02/25/2020 ver.): Bob Dylan, CRT, etc.

ボブ・ディラン、4月の来日をめぐるあれこれなど… 新型コロナウイルスの蔓延。予断を許さない日々ですが。 とりあえず、変わらず毎朝のウォーキングは続けていて。町を歩いていると、昨日はあっちの店、今日はこ ...

Disc Review

Live at Carnegie Hall 1969 - EP / Simon & Garfunkel (Sony)

2020/1/27    ,

ライヴ・アット・カーネギー・ホール1969/サイモン&ガーファンクル 先日もこのブログでお知らせしましたが。カメちゃん、亀渕昭信さんをゲストにお迎えする今年初のCRTイベント、いよいよ本日です。なんか ...

Disc Review

Looking for the Sun / Curt Boettcher & Friends (High Moon Records)

ルッキング・フォー・ザ・サン/カート・ベッチャー&フレンズ ブライアン・ウィルソンさえもがその才能に驚嘆したという奇才、カート・ベッチャー。ハーモニーの魔術師みたいな感じで評価されている感じも ...

Disc Review

Cosmic Partners: The McCabe’s Tapes / Michael Nesmith with Red Rhodes (7a Records)

2019/12/4    ,

コズミック・パートナー〜ザ・マッケイブズ・テープス/マイケル・ネスミス 確か1971年、TBSラジオの音楽番組でのことだ。ぼくがまだ高校生だった時代。DJをつとめていたのは尊敬する音楽評論家の大先輩、 ...

Disc Review

Conversation Piece / David Bowie (Parlophone)

2019/11/20    , ,

カンヴァセーション・ピース/デヴィッド・ボウイ 1973年。ぼくが高校3年生だった春のこと。デヴィッド・ボウイの初来日公演があった。今も鮮烈に記憶している。確か豪華客船で来たんだっけ。飛行機は嫌いだと ...

Disc Review

The Band (50th Anniversary Super Deluxe Edition) / The Band (Capitol/Universal Music)

ザ・バンド(50周年記念スーパー・デラックス・エディション)/ザ・バンド 最近、純粋な新作の紹介をあまりしていない気が…(笑)。 年末に向けて、とにかく今年のうちに出しておかないと格好が付かない50周 ...

Disc Review

There Is A Season / The Byrds (Columbia/Legacy)

ゼア・イズ・ア・シーズン/ザ・バーズ 世界的にレコード/CD業界全体が不況と言われているせいか。再発に関しても、一時のような勢いがなくなってきたのは事実。CDというメディアで、セールス的にそこそこの成 ...

© 2020 Kenta Hagiwara