ADVERTISEMENT

Disc Review

Disc Review

folklore / Taylor Swift (Taylor Swift)

2020/7/28    , ,

フォークロア/テイラー・スウィフト サプライズ・リリースされたテイラー・スウィフトの新作アルバム。先行ビデオクリップとか、SNSでの事前盛り上げとか、そういったこれまでのテイラー作品にありがちだったも ...

Disc Review

Heritage II: Demos/Alternate Takes 1971-1976 / America (Omnivore Recordings)

2020/7/22    , ,

ヘリテイジII:デモズ+オルタネイト・テイクス 1971〜1976/アメリカ これ、出ていたの、全然気づいていませんでした。6月アタマにリリースされていたみたい。ストリーミングで配信されていなかったの ...

Disc Review

Just Coolin’ / Art Blakey & The Jazz Messengers (Blue Note)

2020/7/21    ,

ジャスト・クーリン/アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ 2年近く前のことになるけれど。ぼくが編集長をつとめている無料のオンライン音楽雑誌『ERIS』の21号で、管楽器2本以上をフロントに ...

Disc Review

Anthology: The Deluxe Collection / Ike Turner & The King of Rhythm (Master Tapes Records)

2020/7/20    , ,

アンソロジー:ザ・デラックス・コレクション/アイク・ターナー&ザ・キングズ・オヴ・リズム レココレの最新号を読みながら、やっぱロックンロールは最高だな、と(笑)。子供みたいなこと、改めて感じたハギワラ ...

Disc Review

Hate for Sale / Pretenders (BMG)

2020/7/17    

ヘイト・フォー・セール/プリテンダーズ クリッシー・ハインド姐さん。女性に年齢は…とか、よく言われるものの。女性だ男性だと区別するのもこの人にはなんかしっくりこないので、書いちゃいます。現在、68歳。 ...

Disc Review

Back of Our Minds / Kalen & Aslyn (Normaltown Records)

2020/7/16    , ,

バック・オヴ・アワー・マインズ/ケイレン&アスリン またバンドキャンプで出くわした人たち。ケイレンとアスリンのナッシュ夫妻。 あんまり詳しいことは知らないのだけれど。ジョージア州アセンズのインディ・シ ...

Disc Review

Workingman’s Dead: 50th Anniversary Deluxe Edition / Grateful Dead (Rhino)

2020/7/15    , ,

ワーキングマンズ・デッド:50周年記念デラックス・エディション/グレイトフル・デッド 今日は寝坊しちゃって。午前中のスケジュールをあたふたこなすのに精一杯で。ブログは後回し。午後になってちょっと落ち着 ...

Disc Review

Unfollow the Rules / Rufus Wainwright (BMG)

アンフォロー・ザ・ルールズ/ルーファス・ウェインライト 経験を積みベテランの域に足を踏み入れた表現者というのは、意識的にであれ、無意識のうちにであれ、どこかの時点で新たなフェイズに入る。年輪を重ねる中 ...

Disc Review

Cast A Long Shadow / Little Richard (Floating World/BSMF)

2020/7/13    ,

キャスト・ア・ロング・シャドウ/リトル・リチャード パソコンでご覧の方は右のサイドバー、スマホでご覧の方は下のインフォメーションパートに掲載している『CRT&レココレ』イベントのお知らせ。昨夜、更新さ ...

Disc Review

First Union Center, Philadelphia, September 25, 1999 / Bruce Springsteen & The E Street Band (Live.BruceSpringsteen.net)

2020/7/10    

ファースト・ユニオン・センター、フィラデルフィア、1999年9月25日/ブルース・スプリングスティーン&ジ・Eストリート・バンド 今日はルーファス・ウェインライトの新作とか、ジェイホークスの新作とか、 ...

Disc Review

Mary Lou Williams Presents Black Christ of the Andes / Mary Lou Williams (Smithsonian Folkways Recordings/RICE)

2020/7/9    ,

アンデスの黒いキリスト/メアリー・ルー・ウィリアムス 今朝は、1964年にオリジナル・リリースされて以来、まあ、わりと頻繁に再発されてきたジャズの名盤を取り上げます。なぜ今なのか、理由はよくわからない ...

Disc Review

First Rose Of Spring / Willie Nelson (Legacy Recordings/Sony)

2020/7/8    

ファースト・ローズ・オブ・スプリング/ウィリー・ネルソン オリジナル・ヴァージョンを超えるカヴァーなど、めったにない。と、ぼくは思っている。経験則上、そう確信している。少なくともポップ・ミュージックの ...

Disc Review

Riding with the King: 20th Anniversary Expanded Edition / Eric Clapton & B.B. King (Warner/Rhino)

2020/7/7    ,

ライディング・ウィズ・ザ・キング(20周年記念エディション)/エリック・クラプトン&B.B.キング しょっちゅういろいろなところで書いたり発言したりしてきたことなので、またその話かよ、と呆れられるかも ...

Disc Review

On Sunset / Paul Weller (Polydor)

オン・サンセット/ポール・ウェラー 近年はジャズに接近してみたり、タンゴに寄ってみたり、エレクトロニック方面に足を踏み入れたり、クラウトロックっぽい音像に挑んでみたり、壮麗かつ伝統的なオーケストレーシ ...

Disc Review

Workingman’s Dead: The Angel’s Share / Grateful Dead (Rhino)

2020/7/3    , ,

ワーキングマンズ・デッド:ジ・エンジェルズ・シェア/グレイトフル・デッド グレイトフル・デッドが1970年に発表したアルバム『ワーキングマンズ・デッド』の50周年記念デラックス・エディションが7月10 ...

Disc Review

Let’s Talk / Ray Alexander Technique (Now Again Records)

2020/7/2    ,

レッツ・トーク/レイ・アレクサンダー・テクニーク なんかすごい再発。インディペンデント系のハーレム・サウンドというローカル・レーベルから1974年に出ていた1枚で。はっきり言ってB級ソウルというか、B ...

Disc Review

Women in Music Pt. III / Haim (Columbia/Polydor)

2020/7/1    ,

ウィメン・イン・ミュージック パートIII/ハイム カリフォルニアのサンフェルナンド・ヴァリー出身の三姉妹ポップ・ユニット、ハイム。去年の夏、久々のリリースだったこともあってこのブログでも早々に取り上 ...

Disc Review

Déjà Vu: The Arista Recordings (1979-1994), 12CD Boxset / Dionne Warwick (SoulMusic Records)

2020/6/30    , , ,

デジャ・ヴ:ジ・アリスタ・レコーディングズ (1979-1994) /ディオンヌ・ワーウィック ディオンヌ・ワーウィックというと、やはり1963年から1971年まで在籍していたセプター・レコード時代の ...

Disc Review

You Can’t Sit Down: Cameo Parkway Dance Crazes 1958-1964 + 
You Got the Power: Cameo Parkway Northern Soul 1964-1967 + 
Dancin’ Party: The Chubby Checker Collection: 1960-1966 
(ABKCO)

2020/6/26    , , , ,

ユー・キャント・シット・ダウン:カメオ/パークウェイ・ダンス・クレイジズ1958-1964 他2作 ツイスト。ご存じ、腰をスピーディにひねる例のオールディーズ・ダンスのことだけれど。1960年代前半か ...

Disc Review

The Tango Bar / Greg Copeland (Greg Copeland)

2020/6/25    , ,

ザ・タンゴ・バー/グレッグ・コープランド もう、名前とか忘れちゃったかな。グレッグ・コープランド。 1982年に『レヴェンジ・ウィル・カム』というアルバムで遅咲きのデビューを果たしたシンガー・ソングラ ...

© 2020 Kenta Hagiwara