Disc Review

Hal Blaine Works / Various Artists (Sony)

投稿日:2019.07.24 更新日:

ハル・ブレイン・ワークス〜華麗なるドラミング/ロネッツ、ビーチ・ボーイズ、エルヴィス・プレスリー、フィフス・ディメンション、ママス&パパスほか

今年の3月、90歳で他界した世界最強のセッション・ドラマー、ハル・ブレイン。

40年代末にプロ活動を開始。60年代以降はロサンゼルス周辺の腕ききが結集した最強演奏家集団“レッキング・クルー”の一員としてそれこそ無数のレコーディングに関わってきた。彼が演奏に参加した楽曲は3万5000曲以上。うち、およそ150曲が全米トップ10入りしたというからすごい。00年にはロックンロール名誉の殿堂入りを果たしているけれど、これはセッション・ミュージシャンとして初の快挙だった。

16年に米《ローリング・ストーン》誌が発表した“歴史上もっとも偉大なドラマー100人ランキング”でも、レッド・ツェッペリンのジョン・ボーナム、ザ・フーのキース・ムーン、クリームのジンジャー・ベイカー、ラッシュのニール・パートら人気ロック・バンドに属するドラマーたちに次いで、第5位に選出されている。こちらもセッション・ミュージシャンとしては異例の高順位だった。

彼が亡くなったとき、朝日新聞にちょっとした追悼記事を寄せさせていただきました。有料記事ではありますが、読める環境にある方はぜひ読んでみてください。

と、そんなブレインの名演を1枚のCDに詰め込んだ日本独自企画の追悼コンピレーションが、今日ご紹介する『ハル・ブレイン・ワークス〜華麗なるドラミング』だ。とてつもなく光栄なことに、その選曲を手がけさせていただいた。ソニー・ミュージック傘下のレーベルに残された楽曲を中心に、いくつか絶対にはずせない曲を他レーベルから借りる形で編んだ全25曲。

ソニー傘下の楽曲でも、パートリッジ・ファミリーとかサイモン&ガーファンクルとかバーブラ・ストライサンドとか、本当は入れたかったけれど契約的にコンピ収録は無理、みたいなものもそこそこあって。他レーベルのものでも、ナンシー・シナトラの「ドラマー・マン」みたいに、ジャケットにしっかり“ドラム:ハル・ブレイン”とか表記されていた曲はぜひ入れたかったのに、これも契約がややこしくてNG。などなど、けっして希望した楽曲すべてを網羅できたわけではないけれど。

なにせ膨大な名演を残しているハル・ブレインだ。代案も豪華。ということで、これはこれでなかなか手応えのあるセレクションになったと思う。というわけで、そんなハル・ブレインのプレイを満喫できるコンピCD。収録曲を列挙しておきますね。

01. ビー・マイ・ベイビー/ザ・ロネッツ
Be My Baby/The Ronettes
02. ジップ・ア・ディー・ドゥー・ダー/ボブ・B・ソックス&ザ・ブルー・ジーンズ
Zip-A-Dee-Doo-Dah/Bob B. Soxx & The Blue Jeans
03. 悲しき雨音/カスケーズ
Rhythm of the Rain/The Cascades
04. 僕を縛らないで/エルヴィス・プレスリー
I Don't Wanna Be Tied/Elvis Presley
05. ダ・ドゥ・ロン・ロン/ザ・クリスタルズ
Da Doo Ron Ron/The Crystals
06. ヘイ・リトル・コブラ/リップ・コーズ
Hey Little Cobra/The Rip Chords
07. 誰かが誰かを愛してる/ディーン・マーティン
Everybody Loves Somebody/Dean Martin
08. 恋の雨音/ザ・ロネッツ
Walking In The Rain/The Ronettes
09. リンゴー/ローン・グリーン
Ringo/Lorne Greene
10. ミスター・タンブリン・マン/ザ・バーズ
Mr.Tambourine Man/The Byrds
11. 夢のカリフォルニア/ママス & パパス
California Dreamin'/The Mamas And The Papas
12. グッド・ヴァイブレーション/ビーチ・ボーイズ
Good Vibrations/The Beach Boys
13. メリー・メリー/モンキーズ
Mary, Mary/The Monkees
14. ビートでジャンプ/フィフス・ディメンション
Up-Up And Away/The 5th Dimension
15. 花のサンフランシスコ/スコット・マッケンジー
San Francisco (Be Sure To Wear Flowers In Your Hair)/Scott McKenzie
16. ヤング・ガール/ゲイリー・パケット&ザ・ ユニオン・ギャップ
Young Girl/Gary Puckett And The Union Gap
17. ザ・スネイク/アル・ウィルソン
The Snake/Al Wilson
18. ア・リトル・レス・カンヴァセーション/エルヴィス・プレスリー
A Little Less Conversation/Elvis Presley
19. ロミオとジュリエット/ヘンリー・マンシーニ楽団
Love Theme From "Romeo And Juliet"/Henry Mancini And His Orchestra
20. 輝く星座〜レット・ザ・サンシャイン・イン/フィフス・ディメンション
Aquarius/Let the Sunshine In (The Flesh Failures)/The 5th Dimension
21. ある愛の詩/アンディ・ウィリアムス
(Where Do I Begin) Love Story/Andy Williams
22. 嘆きのインディアン/マーク・リンゼイとレイダース
Indian Reservation (The Lament of the Cherokee Reservation Indian)/The Raiders Featuring Mark Lindsay
23. 愛ある限り/キャプテン&テニール
Love Will Keep Us Together/Captain & Tennille
24. わが友カリプソ号/ジョン・デンバー
Calypso/John Denver
25. 真実の愛/レナード・コーエン
True Loves Leaves No Traces/Leonard Cohen

ライナーノーツのほうでは、もちろん収録曲すべての曲目解説もさせていただきました。で、ちなみに、レコード・コレクターズ誌の最新8月号に掲載されたハル・ブレイン追悼特集のほうでも彼の名演60曲を選んで楽曲解説させてもらっていて。当然、何曲かはダブっちゃうので、こちらのライナーノーツで書かせてもらった曲に関しては片島吉章さんとガモウユウイチさんに執筆をお願いし、残る40曲ほどをぼくが解説。よろしければ、そちらも合わせて、ぜひ。

created by Rinker
¥2,160 (2019/08/20 17:28:58時点 Amazon調べ-詳細)

-Disc Review
-, ,

Copyright© Kenta's...Nothing But Pop! , 2019 All Rights Reserved.