ADVERTISEMENT

Disc Review

The Reprise Albums (1968-1971) / Joni Mitchell (Rhino)

ザ・リプリーズ・アルバムズ(1968〜1971)/ジョニ・ミッチェル

“JMA(ジョニ・ミッチェル・アーカイヴズ)”プロジェクトが着々と進行中。どうやらこのプロジェクトには2系統あるようで。ひとつが“アンリリースト・マテリアル”シリーズ。文字通り未発表音源で構成されたボックスセットのシリーズで。去年の暮れ、ここで紹介したデビュー前のレア音源集『アーカイヴス Vol.1:アーリー・イヤーズ(1963〜1967)』がその第一弾だった。

続編『アーカイヴズ Vol.2:ザ・リプリーズ・イヤーズ(1968〜1971)』は今年の10月29日に発売予定。デビュー・アルバムにあたる1968年の『ジョニ・ミッチェル(Song to a Seagull)』から、1969年の『青春の光と影(Clouds)』、1970年の『レディーズ・オヴ・ザ・キャニオン』、1971年の『ブルー』までの期間に残されたレア音源が詰め込まれたCD5枚組、あるいはオフィシャル・サイトのみで扱うLP10枚組になるらしい。

ご存じの通り、その前哨戦という感じで、今年ちょうど発売50周年を迎えた『ブルー』関連のレア音源5曲を収めたEP『ブルー50(デモズ&アウトテイクス)』がすでにデジタル・オンリーで先行公開中。これがまた興味深くて。

「ア・ケイス・オヴ・ユー」の別歌詞による初期ヴァージョン、フレンチ・ホルンがクリスマス・ソングの旋律をあれこれ交錯させる「リヴァー」の別ヴァージョン、「カリフォルニア」のデモ、そして最終的にアルバムから外された「ハンター」と「アージ・フォー・ゴーイング」(シングル「恋するラジオ」のB面に入って世に出たのとは別の、ストリングス入りヴァージョン)という5曲。これらは10月の『アーカイヴズ Vol.2』にも収められる予定だ。

で、この“アンリリースト・マテリアル”シリーズと並行して出るのが“アルバム・リマスターズ”シリーズ。こちらはオリジナル・アルバム群を最新リマスター・ヴァージョンによって再発していくもので。その第一弾としてまさに本日、7月2日にリリースされたのが『ザ・リプリーズ・アルバムズ(1968〜1971)』なのでありました。

10月に出る予定の『アーカイヴズ Vol.2』と同じ、『ジョニ・ミッチェル』『青春の光と影』『レディーズ・オヴ・ザ・キャニオン』『ブルー』という初期4作をそれぞれディスク1枚ずつ、計4枚に収めてまとめたボックスセット。基本的には先述した通り、オリジナル・ミックスに最新リマスタリングをほどこしての再発ということになるのだけれど、ファースト・アルバム『ジョニ・ミッチェル』だけは、今回、ジョニ自身とエンジニアのマット・リーによって改めてミックスし直されている。最新リミックス・エディション。ある意味、これが目玉か。

ぼくはCDではなく、アナログ盤のセット(Amazon / Tower)を予約注文していて。ぼくが頼んだタワー・レコードだと、これの発売が7月9日に延びちゃってるもんで。ブツがまだ手元に届いておらず、とりあえずサブスクのストリーミングで手軽にざっくり楽しんでいる状態。なので、まだあまり偉そうにミックスの細かい違いまで語れる立場ではないのだけれど。

それでもデヴィッド・クロスビーのクセのある、というか、身勝手なプロデュースの下で作られた、こう、なんというか、ナチュラルさとアンビエントっぽさとをはき違えたかのような、もわーっとした、芯のないオリジナル・ミックスとはがらり変わった世界観が今回はアルバム全体にもたらされていて。そのあたり、ストリーミングでも存分に楽しめる。ずいぶん印象が違う。ギターの音色がきゅっと締まったし、おかげで歌声もぐっとナチュラルに届く。ファースト・アルバムの評価がこれでまた大きく変わるかも。他3作のリマスタリングもいい感じだし。アナログで聞きたいなー。早く届かないかなー。到着が楽しみです。ハイレゾも出てるなー。アナログ、待ちきれないからそっちも買っちゃおうかなー。でも、安くはない買い物だからなー。ここはじっと待つかなー…。

いずれにせよ、この時期のジョニのみずみずしい魅力には、まじ抗いようがない。「アイ・ハッド・ア・キング」「マーシー」「カクタス・ツリー」「チェルシー・モーニング」「青春の光と影」「ビッグ・イエロー・タクシー」「サークル・ゲーム」「ウッドストック」「リヴァー」「ア・ケイス・オヴ・ユー」…。4作通して、もう名曲しかないじゃん。

ボックス、まだ手にしていないのでわからないけど。ブランディ・カーライルがライナーノーツでジョニへの感謝を切々と綴っているらしい。それも楽しみ! 貴重な写真とかも満載だとのこと。今回もボックスセットの外箱にはジョニ自身が描いた自画像が。これもまた素敵です。

created by Rinker
¥5,006 (2021/08/04 04:30:58時点 Amazon調べ-詳細)

Resent Posts

-Disc Review
-,