Disc Review

Turn On, Tune In (CD+DVD) / NRBQ (Omnivore Recordings)

ターン・オン、チューン・イン/NRBQ

その昔、1998年、われらが“Q”、NRBQがリリースしたライヴ・アルバム『ユー・ガッタ・ビー・ルーズ』について旧ホームページにこんな文章を書いたことがある。

NRBQに関してよく耳にするのは、“彼らの魅力はライヴを見なきゃわからない”というある種ありきたりのフレーズで。そういうことを聞くたびに、そうなのかなぁ、レコードでも十分楽しいけどなぁ、と思っていたぼくも、実際に数年前、来日した彼らのステージに接して、いやいやいやいやその通り、こいつらはライヴ見ないとわからん、と思い直したものです。(中略)というわけで、そんな彼らの何枚目かのライヴ・アルバム。ジャケットを眺めまくってもアメリカでのライヴってことしかわからなくて、もしかして再発? 新譜? 膨大にある彼らのカタログを全制覇しているわけではないぼくにははっきりした情報がつかめないのだけれど。いいです、やっぱり。本物のライヴ体験に比べるとやっぱり聞き劣りしちゃうものの、とりあえず一度彼らのライヴを味わった身には彼らならではの空気感のようなものが伝わってきて。楽しい。

20年以上前のもので。1996年の初来日公演のことを念頭に置いた文章。雑だけど、懐かしい(笑)。

今さら説明の必要はないかもしれないけど、NRBQの結成は1966年。精力的にクラブ・ギグを行ない、やがて米コロムビアと契約。1969年、アルバム『NRBQ』でデビューした。カントリー、ブルース、ロックンロール、R&Bなどからフリー・ジャズまでこなす雑多かつパワフルな音楽性がごきげんな世界最強のバー・バンドだ。以降、現在まで半世紀を超えてメンバー・チェンジを繰り返しながら、様々なレーベルから充実したアルバム群をリリースし続けている。

そんな彼らの最新ライヴ・アルバムが出た。タイトルからもわかる通り、ラジオで放送されたライヴ音源集だ。全21曲中、冒頭6曲が衛星ラジオSIRIUS/XMの番組「The Loft」で披露されたもの。残り15曲が、ニュージャージーの独立系ラジオ局WFMUで披露されたライヴ。フィジカルには、このWFMUライヴのほうの模様をまるごと収めたDVDも付いている。というわけで、やはり彼らの出自はライヴ・バンドなんだなということを改めて思い知らせてくれる躍動的なセットだ。20年以上前の上記文章がそのまま当てはまっちゃいそう。

おなじみのレパートリーあり、クリケッツやジョニー&ザ・ハリケーンズ、ビーチ・ボーイズなどのカヴァーあり、メンバーのソロ・アルバムからの曲あり…。ほぼ全曲、ライヴ音源としては初音盤化。うち6曲はQヴァージョン完全初お披露目。これは聞き逃せない。

ちなみに、現在のQのラインアップは、唯一のオリジナル・メンバーであるテリー・アダムズ(キーボード)を筆頭に、スコット・リーゴン(2011年加入、ギター)、ケイシー・マクダナフ(2012年加入、ベース)、ジョン・ペリン(2015年加入、ドラム)。もちろん、もうアル・アンダーソンもいないし、スパンピナート兄弟もいない。ずいぶんと顔ぶれは様変わりしてしまったけれど、でも、強靱な胃袋で何でもかんでも呑み込んでしまう飄々とした柔軟さと、かといって意に反することと楽しくないことは絶対にやらない無頼な頑固さとを併せ持つユニークな姿勢は世紀を超えて変わらない。

この新ラインアップの中だと、個人的にはケイシー・マクダナフの存在が気になるところ。ザ・フラット・ファイヴのメンバーでもあり、一時はブライアン・ウィルソン・バンドにもサポート・ヴォーカリストとして助っ人参加していたこともある人で。もちろん「ドント・ウォリー・ベイビー」のカヴァーはこの人が歌ってます。スコット・リーゴンの兄でもあるシンガー・ソングライター、クリス・リーゴン作の「フロリダ」とかは、フラット・ファイヴのほうのアルバムでも取り上げられていて。そっちもなかなかの出来。機会があったらぜひ聞いてみてほしい。

ただ、このライヴ、ストリーミングの曲目リストが、Apple MusicもSpotifyもYouTube Musicも軒並みおかしなことになっている。ぐしゃぐしゃに入れ替わっていて。実際の曲目とタイトルがちぐはぐ。まあ、そのうち直してくれるんだろうとは思うけれど、現状あんまりなので、とりあえずここに正しい曲順の並び、載せておきますね。

  1. Don't Ever Change
  2. Florida
  3. Yes I Will
  4. Dr. Howard, Dr. Fine, Dr. Howard
  5. The Wilderness Road
  6. Step Aside
  7. Beautiful Lover
  8. Don't Talk About My Music
  9. Can't Wait To Kiss You
  10. Nature's Gonna Pay You Back
  11. Tragic Magic
  12. Red's Piano
  13. Queen Talk
  14. It Feels Good
  15. That's Neat, That's Nice
  16. Don't Worry Baby
  17. Red River Rock
  18. Keep This Love Goin'
  19. The Animal Life
  20. Things To You
  21. RC Cola And A Moon Pie
created by Rinker
¥4,231 (2019/11/20 20:01:20時点 Amazon調べ-詳細)

-Disc Review
-, , ,

Copyright© Kenta's...Nothing But Pop! , 2019 All Rights Reserved.