ADVERTISEMENT

Disc Review

Do-Wah-Diddy: Words and Music by Ellie Greenwich and Jeff Barry / Various Artists (Ace)

ドゥワディディ〜ワーズ・アンド・ミュージック・バイ・エリー・グリニッチ・アンド・ジェフ・バリー

英Aceが続けているブリル・ビルディング系のソングライター/プロデューサー・シリーズ。ジェリー・リーバー&マイク・ストーラー、ドク・ポウマス&モート・シューマン、ジェリー・ゴフィン&キャロル・キング、バート・バカラック、バート・バーンズなどに続いて、いよいよエリー・グリニッチ&ジェフ・バリーの作品集が出た。

この夫婦(当時)ソングライター・チームの代表曲というとロネッツの「ビー・マイ・ベイビー」をはじめとするフィレス・レコードに提供した一連のヒット群ということになるのだけれど、フィレス音源は契約上使えないそうで。一切含まれていない。とはいえ、ビーチ・ボーイズによる「アイ・キャン・ヒア・ミュージック」とか、ハリー・ニルソンによる「リヴァー・ディープ・マウンテン・ハイ」とか、カレン・ヴェロスによる「リトル・ボーイ」とか、傑作/珍品カヴァー・ヴァージョンでそのあたりを見事に乗り切っている。Ace、考えました。

「ハンキー・パンキー」の正真正銘、初出盤であるサミッツのヴァージョンを筆頭に、初CD化音源も数曲。もちろんシャングリ・ラス、ディクシー・カップス、ジェリー・ビーンズといったレッド・バード・レコード音源もふんだん。エリー・グリニッチ自身によるライナーも興味深い。このシリーズ、間もなくジャッキー・デシャノン作品集も出ます。つーか、イギリスではもう出て、もう入手しました。近々ご紹介しましょう。バリー・マン&シンシア・ワイル作品集も予定されているらしい。今後も楽しみ。

-Disc Review

© 2020 Kenta Hagiwara