ADVERTISEMENT

Disc Review

American Roots Music / Various Artists (Palm)

アメリカン・ルーツ・ミュージック/ジミー・ロジャース、ハンク・ウィリアムス、ブラインド・レモン・ジェファーソン、ベラ・フレック、ケブ・モほか

今年もよろしく。

毎年、新年を迎えても、実は洋楽ファンっていわゆる“初買い”であまり盛り上がれないでしょ。邦楽ファンなら、あゆとか松浦とか元旦発売の盤もあるのでCD屋さんに出かけていく元気も湧こうってもんだけど、洋楽、特に輸入盤の場合、年明け早々には新譜の入荷がないもんだから。CD屋さんに出かけていっても、エサ箱は暮れのまま。今いち盛り上がれない。

なもんで、だいたい例年、暮れから年明けにかけては、日頃あまり時間がなくてじっくり聞けなかったボックス・セットとかを楽しむことが多い。てことで、今年はこのボックスをよく聞きました。アメリカ音楽の源流を探る同名TVスペシャルのサウンドトラックという位置づけで去年の10月ごろリリースされた4枚組。年末年始のTV特番攻めに飽きたとき、ぼくの耳をずいぶんと楽しませてくれた。

ディスク1がカントリー/ウェスタン・スウィング/ブルーグラス編。ディスク2がブルース編。ディスク3がゴスペル編とフォーク編、ディスク4がケイジャン/ザディコ編、ティファノ編、ネイティヴ・アメリカン編…という内訳で。ルーツ・ミュージックの雨アラレ。1920年代以降、過去の重要なパフォーマンスが68曲、フィルムにだけ残されていたようなレアな発掘ものが9曲、新録が20曲。様々な形でアメリカ音楽の源流を聞かせてくれる。もちろん、ジミー・ロジャースとかハンク・ウィリアムスとかマミー・スミスとかブラインド・レモン・ジェファーソンとかウディ・ガスリーとかレッドベリーとか、そういう偉大な先達の残したオリジナル音源が素晴らしいのは言うまでもないけれど、ぼくがそれ以上に盛り上がったのが、新録群。中でも、ベラ・フレックとかケブ・モとかロバート・ミラバルとかが新時代っぽい感覚を発揮して新録しているものではなく、昔ながらの楽器編成で、昔ながらのアレンジで、昔ながらの曲を演じたパフォーマンスね。これがよかったな。

O Brother, Where Art Thou? / Various Artists (Universal)

去年、話題を集めたT・ボーン・バーネット監修のサントラ盤『オー・ブラザー』も同じ快感をプレゼントしてくれたのだけれど。結局、ぼくたちが今、どんなジャンルの音楽であっても、20年代、30年代の曲をオリジナルな形で聞こうと思ったら、SP起こしみたいな、あらかじめくすんだ音像で楽曲を楽しむしかないわけで。その段階で妙な先入観を抱いてしまうことが多い。だから、ロバート・ジョンソンの強烈なウォーキング・ベース奏法も、ジミー・ロジャースのブルー・ヨーデルも、チャーリー・パーカーのサックスも、トスカニーニが指揮するNBC交響楽団の金管セクションも、全部煤けたものに聞こえちゃったりして。音質の古めかしさを音楽自体の古めかしさと勘違いしてしまったりすることがある。ぼくもこれまでずいぶんとそんな失敗を繰り返してきた。

でも、もしロバート・ジョンソンを生で聞いたら、ギターとかとんでもない音圧で迫ってくるわけでしょ。想像のうえでそれを実感できてはじめて、ロバート・ジョンソンが当時もっともポップで、かつファンキーで、洗練された音楽をやっていたんだなってことがわかるというか。

そういうイマジネーションを豊かにする訓練としても、『オー・ブラザー』のサントラや本ボックスセットで現代のアーティストたちが昔のスタイルそのままで当時の楽曲を再現した曲は役に立つ。というわけで、この年末年始は『オー・ブラザー』の新録曲と本ボックスの新録曲をごちゃまぜにしてパソコンでシャッフル再生…ってことが多かったです。

Rock, Rhythm & Doo Wops / Various Artists (Rhino)

あと、ライノが出した『ロック、リズム&ドゥー・ワップ』って箱も楽しかったなぁ。こちらはピッツバーグのWQED局との共同編纂という形で出た3枚組で。主にビートルズ来襲以前の全米チャートを賑わした黄金のロックンロール・チューンが満載されている。まあ、有名どころが勢揃いって感じなので、オールディーズ・マニアには魅力のないコンピかもしれないけれど、ダニー&ザ・ジュニアズとかダイアモンズとかシェップ&ザ・ライムライツとかシェリー・フェブレーとかフリートウッズとかリンダ・スコットとか、その辺の曲って、実は今いちばん聞かれていないかも。ぼくも近頃は自分からそういうストレートなオールディーズ・ポップを聞くことが少なくなった。なので、今回やけに新鮮でしたよ。再発盤も少なく、仕方ないから『アメリカン・グラフィティ』のサントラとAMでエアチェックした『ジム・ピューター・ショー』ばっかり聞きまくっていた70年代前半の日々を思い出しました。

Resent Posts

-Disc Review
-, , , ,