ADVERTISEMENT

月別アーカイブ:2009年04月

Disc Review

Together Through Life / Bob Dylan (Columbia)

2009/4/28  

3泊5日の弾丸ロンドン、行ってきました。目的は先日のCRTでもお話しした通り、ボブ・ディラン。O2アリーナでの2万人規模のライヴと、翌日、観客数を3000人に絞ったラウンドハウスでのライヴと。でっかいのとちっちゃいの、両方見てきました。

詳しいことは今後、いくつかの雑誌とかに書く予定ですが。当たり前ながら、やっぱりかっこよかったです。ディランの場合、演奏曲目はオフィシャル・サイトも含め、すぐにいろいろなところにアップされるので必要ないかもしれませんが、ここにもメモとして掲載しておきますね。

20...

Disc Review

Other Covers / James Taylor (Hear Music)

2009/4/15  

今度の日曜日、Naked LoftでのCRT、お時間あったらぜひお越しくださいね。新刊『ロック・ギタリスト伝説』の出版を記念してのギター漫談ナイトです(笑)。

で、そんな『ロック・ギタリスト伝説』でも取り上げさせてもらったぼくのアイドル・ギタリストのひとり、ジェームス・テイラーの新作が出たのでピックアップしておきます。去年リリースされたアルバム『カヴァーズ』の続編的ミニ・アルバム。『カヴァーズ』同様、優れたシンガー・ソングライターであるJTのシンガーとしての力量、ストリーテラーとしての味わい深さ、...

Disc Review

Written in Chalk / Buddy & Julie Miller (New West)

2009/4/13  

ロバート・プラントとアリソン・クラウスのデュエット・アルバムって、日本ではまったくと言っていいほど話題にならなかったなぁ。グラミーを獲りまくったころにほんの一瞬、その存在が着目されたくらい。カントリーにせよ、ブルースにせよ、R&Bにせよ、ロックンロールにせよ、男女デュエットというのはアメリカン・ルーツ音楽の世界で時を超えて生き続ける伝統的なフォーマット。その最新型をプラント&クラウスは、Tボーン・バーネットのプロデュースのもと、実に巧みに見せてくれたわけで。ああいうのを軽くスルーしちゃうのは...

Disc Review

Fork in the Road / Neil Young (Reprise)

2009/4/9  

ボブ・ディランの新作ももうすぐっすね。

アルバム・リリースに先駆けて「ビヨンド・ヒア・ライズ・ナッシン」って曲だけすでに配信されていて。これがむちゃくちゃかっこいい。なんでも、新作アルバム自体、往年のチェス・ブルースを意識したものになりそうだとかで。この曲は、もう、もろオーティス・ラッシュ。まあ、クラプトンでもおなじみの「オール・ユア・ラヴ」にメロディがそっくりなんだけど。メロディそっくりってのは、ディラン内では無問題であることをわれわれは経験上知り抜いているので(笑)。

でも、「オール・ユア・...

Disc Review

Honey & Wine: Another Gerry Goffin & Carole King Song Collection / Various Artists (Ace)

2009/4/3  

CRTでも話題にのぼった“大人のロックンロール修学旅行ニューヨーク編”。

正式にツアーの計画ができあがったみたいです。われわれもゲスト解説員としてご一緒させていただきます。詳しくはパンフレットが完成していますので、チェックしてください。「今日どうする?」「ブリル・ビルディングにお参りして、レコ屋でも行こうよ」「ディランの『フリーホイーリン』の撮影場所にも寄ろうか」「で、夜はライヴね」みたいな、フツーのツアーとはちょっと違うニューヨーク旅行を楽しめればな、と思います。興味のある方はこちらへ、ぜひ。
...