ADVERTISEMENT

Disc Review

Pneumonia / Whiskeytown (Lost Highway/Universal)

ニューモニア/ウィスキータウン

ぼくはですね、川上が長嶋に送りバントを命じた試合のこと、覚えてますよ。詳細にではないけど。なんとなく。忘れられませんよ。ルーキーのころにも同じようなことがあったようだけど、ぼくが覚えているのは70年代になってから。長嶋が引退する年だったような気がする。その前の年にも同じようなことがあったと思うけど、特に引退する年…てことは、74年か、あの年のバント・シーン、忘れられない。言葉ではうまく説明できないけど、何かが“切れた”感じがした。バントが野球の重要な戦術のひとつであることくらい重々承知の上で、場合によってはクリーンアップを打つ選手だろうがバントはしなくてはならない局面もあることくらいわかった上で、でも、川上を心底憎たらしいと思った。その憎しみはいまだに心に強く根付いている。

で、昨日の清原のバント。なーんか、同じような感触があったんだよなぁ。そして、それを命じたのが長嶋なんだもんねぇ。まいったなぁ。江藤にも、松井にも、ヨシノブにもバントを命じたことがある長嶋だけど、今の清原にノーアウト2塁の状況でそれを命じるのはまったく意味が違うもの。ドームで連戦があるときは少なくともそのうちの一試合、必ず球場に足を運ぶことにしている観客として、ぼくは今年の清原のものすごさを自分なりにびんびん肌で感じていて。当然、毎日ベンチに陣取る長嶋もそれを何倍ものリアリティをもって感じているはずだと思っていたのにさ。

「3打席凡退でも、4打席目、いちばんの見せ場で打ってくれればいい」って、清原移籍の年の長嶋のコメント、ぼくは大好きだったのに。

三振してもばかかっこいい清原が、昨日の最終打席、あっさりと、てんでかっこよくなく三振した。ぼくは、もう昨日の夜の9時半くらいからすっかりヘコんでます。今、7月18日の夕方5時くらい。もうすぐ桑田が先発するんだね。これもまたある種のお葬式になってしまうのか、はたまた起死回生のドラマとなるのか。

まあ、ヘコみつつも、心は今週金曜日、海の日、ジュニアオールスター……じゃなくて(笑)、新宿ロフトプラスワンでのCRT&レココレ・イベントへと飛んでおります。恒例のビーチ・ボーイズまつりです。木崎さん、VANDA佐野さんなどとビーチ・ボーイズかけまくって盛り上がります。みなさんもぜひ参加してください。左のほうに告知がありますので、見てね。

あと、ダディ&ザ・サーフビーツのライヴですけど。7月25日の高田馬場フィドラーでのライヴには、なんとキーボードが参加してくれることになりました。ブルージーンズ~SOSバンド~ハイパー・ランチャーズという、エレキ・バンドとしてはこれ以上ない正統派キーボード奏者、宮澤謙さんが全面ゲスト参加! ぐっとグレードアップした(アラが少し隠れた?)グルービーなエレキ・インストをお届けできると思います。つーことで、ぜひおヒマがあれば顔出してみてください。チャージなし。飲み代だけのショット・バー形式のお店ですので。暑気払いにひとつ。オルガン入ると、スパイものとか、燃えるね(笑)。

つーわけで、今回のアルバム・ピック。新時代のベースメント・テープスとまで言われて、ブートが出回っていたウィスキータウンのラスト・アルバムです。レコーディングされたのは1999年ながら、所属レコード会社がオクラにしやがっていた幻の一枚だ。それが、なぜだか今になって公式リリースされた。もちろんブートと違ってきっちりリミックスがほどこされ、曲順も適切に入れ替えられてのリリース。新鮮に楽しめる。いいアルバムだ。まじに。早く出しときゃよかったのにさ。

中心メンバーのライアン・アダムスは、このレコーディング期間中、本格的にキーボードもマスターしたようで。従来のジャクソン・ブラウン色のほか、レオン・ラッセル色、ランディ・ニューマン色、ポール・マッカートニー色なども漂わせつつ、シンプルながら深い歌の世界を作り上げている。97年の傑作『ストレンジャーズ・アルマナック』以降、メンバーが減ってライアン・アダムス(ヴォーカル、ギター、キーボード)、ケイトリン・キャリー(ヴァイオリン、ヴォーカル)、マイク・ダリー(スティール、マンドリン、ダルシマーなど、もろもろ)のトリオ編成になってしまっていたのだけれど、そんな規模縮小をむしろポジティヴにとらえて、無駄な要素をごっそり削ぎ落とした、贅肉のない、実に的確な音作りを聞かせている。ジェームス・イハやプロデュースをつとめるイーサン・ジョンズなど、面白いゲストも迎えてはいるが、それも最小限。

いいバンドだったなぁ。

さて、そろそろチケットを実際に手にした方も多いであろうブライアン・ウィルソン来日公演のスケジュールです。

東京: 2001年9月20日(木)
東京国際フォーラムホールA

東京: 2001年9月21日(金)
東京国際フォーラムホールA

名古屋: 2001年9月22日(土)
愛知県芸術劇場大ホール

福岡: 2001年9月24日(月)
福岡サンパレス

大阪: 2001年9月25日(火)
大阪厚生年金会館

開演時間とか、チケットの発売元とか、そういうのは各自チェックしてください。チケットに“ペット・サウンズ・ツアー”って書いてあるそうですが、オフィシャルには公演内容は現在問い合わせ中なのだとか。なんだ、そりゃ(笑)。詳しくわかったらすぐにお知らせしますね。

Resent Posts

-Disc Review
-,