ADVERTISEMENT

Disc Review

Alone II: The Home Recordings of Rivers Cuomo / Rivers Cuomo (Geffen)

アローンⅡ〜ザ・ホーム・レコーディングズ・オヴ・リヴァース・クオモ/リヴァース・クオモ

ウィーザーのフロントマン、リヴァース・クオモのデモ録音集。ちょうど1年ほど前に出た『アローン』の続編だ。クオモくんはなんでも800曲近くの未発表デモを残しているんだそうで。ネットを通じてどんどん発表してくれてはいるものの、やはりこういう形でまとめてもらえるとうれしい。

92年から08年まで、幅広い期間にわたる音源集だが。基本的にはウィーザーとしてのデビュー前後、90年代半ばのものが中心。この人持ち前の豊かなポップ・センスとオルタナな遊び心が存分に発揮された作品ばかりだ。

去年の『アローン』同様、未発表に終わった幻のアルバム『ソングズ・フロム・ザ・ブラック・ホール』に収録予定だった楽曲も聞ける。今回は「オー・ジョナス(マリアズ・シーム)」「プリーズ・リメンバー」「カム・トゥ・マイ・ポッド」の3曲メドレー。3曲合わせて2分半くらいの長さではありますが。やはりこれは興味深い。ちゃんと出ていれば…という思いを新たにする。その3曲メドレーの直後に、デビュー直前に録音された「ドント・ウォリー・ベイビー」の直球カヴァーを入れてたりして。やるなぁ。

クオモのサイド・プロジェクト“ホーミー”で録音する予定だった曲のうち、前『アローン』には「ワンダ」が入っていたけれど、こちらにはポップなシャッフル曲「アイル・シンク・アバウト・ユー」が収録された。もうホーミーはやらないのかな。

-Disc Review

© 2020 Kenta Hagiwara