ADVERTISEMENT

Blog

DJ Playlists: 2020.08.04@Rock Cafe LOFT

プレイリスト:2020/08/04@Rock Cafe LOFT

今朝は早めのおでかけなもんで。慌ただしいのでいつものディスク・レビューはお休み。先日、東京・新宿のRock Cafe LOFTにお呼ばれして、DJというか、BGM係というか、レコード当番をさせていただいた夜の記録を載せておきます。Rock Cafe LOFTではCRTも何度かイベントをやっていて、アナログ盤をかけたり、しゃべったり、最近は無観客リモート・イベントをやらせていただいたり。いろいろお世話になっておりますが。

でも、特にしゃべりもなしに、とにかく曲だけかけるDJをRock Cafeでやらせていただくのは今回が初。ということで、何をやろうか、いろいろ頭を巡らせて。最近、家で未CD化のアナログLPを改めて聞きまくっているニール・セダカばかりかけちゃおうかなとか、いっそフランク・シナトラはどうだろうとか、変化球プログラムをあれこれ考えたのだけれど。やはりロックカフェだもんなぁ、と思い直して。ぐっとロック寄りの選曲にしました。

で、決めたテーマが、先日亡くなったピーター・グリーンへの追悼の気持ちを込めて、ブルース・ロック特集。以下が当日のプレイリストです。ちゃんとメモしたつもりではありますが、DJ中はバタバタしてたので、なんか1〜2曲抜けているような…(笑)。まあ、だいたいこんな感じだった、と。

当然、ピーター・グリーン絡みの初期フリートウッド・マックによる曲が多いのだけれど。同時にエリック・クラプトンやマイケル・ブルームフィールド関係もけっこう多くなっちゃって。まあ、世代的にこのあたりのギタリストから受けた影響は思いのほか大きいんだな、と。自分でも再確認しました。

Spotifyのプレイリスト作っておいたので、お暇な折りにでもざっくりお楽しみください。それにしても、今やサブスクのストリーミングでこの辺の曲は全部聞けちゃうんだなぁ…。当日は重いアナログ盤を30枚くらい背負って、ひーひー言いながらお店まで行ったのだけど、ただ音源聞くだけならそんな必要、もはやなさそう。スマホひとつ持っていればDJできちゃう。すごい世の中になったものです。

とはいえ、やはり同じ空間に複数の仲間が集まって、そこでLP盤に針を落として、大音量で聞きながら、場の空気感を受け止めつつ次の曲を選んで、アタマ出しして、プレイして、さらにみんなで堪能する…みたいなアナログなコミュニケーションって、やっぱり楽しいし、大事だし。

もっともっと気楽に、フツーに、営業時間とかディスタンスとか気にすることなく、マスクも外し、みんなで音楽を共有できる日々が戻ってきてくれることを心から願っております。ちなみに8月17日(月)、リモートCRTの第三弾を開催予定。詳細は間もなくお知らせしますが、リモートゆえ権利関係がややこしくてオンラインでレコードをかけられない弱みを克服する新企画です。けっこう楽しくなると思います。情報公開できるようになったらすぐお知らせしますね! 詳細も決定しました。PCのブラウザでご覧の方は右のサイドバー、スマホでご覧の方は下方、それぞれのCRTインフォメーションを参照のうえ、ぜひこぞってご参加ください。久々にわれらが佐橋佳幸がギター抱えてやってきてくれます。オンラインでみなさんからのリクエストなども交えつつ生演奏とかできたらいいなと盛り上がっております。お楽しみに!

てことで、以下、プレイリストです。

  1. Fleetwood Mac / My Heart Beat Like a Hammer
  2. Paul Butterfield Blues Band / Born in Chicago
  3. Janis Joplin / As Good As You've Been to This World
  4. Cream / Born Under a Bad Sign
  5. Johnny Winter / Leland Mississippi Blues
  6. Roy Buchanan / John's Blues
  7. The J. Geils Band / Whammer Jammer
  8. The Beatles / For You Blue
  9. The Rolling Stones /I Just Want to Make Love to You
  10. The Electric Flag / Killing Floor
  11. The Allman Brothers Band / Statesboro Blues
  12. Fleetwood Mac / Rollin’ Man
  13. Bob Dylan / False Prophet
  14. Canned Heat / Going Up the Country
  15. Stephen Stills / Go Back Home
  16. Savoy Brown / Let Me Love You Baby
  17. B.B. King & Eric Clapton / Come Rain or Come Shine
  18. Al Kooper & Michael Bloomfield / Albert's Shuffle
  19. Fleetwood Mac / I Loved Another Woman
  20. The Doors / Back Door Man
  21. J.J. Cale / After Midnight
  22. John Mayall's Bluesbreakers / All Your Love
  23. Led Zeppelin / Good Times Bad Times
  24. Boz Scaggs / I'm Easy
  25. The Beatles / Yer Blues
  26. Peter Green / In the Skies
  27. Big Brother & The Holding Co. / Piece of My Heart
  28. The Rolling Stones / Love in Vain
  29. Jimi Hendrix / Ezy Ryder
  30. Cream / Strange Brew
  31. Fleetwood Mac / Albatross

-Blog
-

© 2020 Kenta Hagiwara